前へ
次へ

市販薬での花粉アレルギーへの効果と使い方

花粉のアレルギーで春になるとくしゃみと鼻水がひどく、家にいる時はどうにかなるものの、会社でずっと鼻水が止まらないのには困りました。
ドラグストアで花粉症のお薬を探してみると、春という時期だからか、驚くほど多くの花粉症対策の医薬品が陳列をされています。
辛いアレルギーの助けになるという、服用すると鼻水も軽減するとパッケージに書いてある薬を買いました。
さっそく翌朝飲んで会社に行くと、鼻水がぴたりと止まり、くしゃみもほとんど出ません。
薄いフイルム型の服用薬であり、お水を飲む必要もないです。
1日に1回から2回の利用で良く、成分が効いている間は本当に鼻水もくしゃみもほぼないので、仕事もサクサクと進みました。
ただ一つだけ困ったのが、花粉の症状を留めてはくれるものの、軽い眠気がやってきます。
また成分が切れると、一気に鼻水とくしゃみがやってくるので、成分的にもかなり強いのかもしれないと考えました。
それからは、どうしても鼻水とくしゃみを留めたい時だけ、そのお薬を飲んでいます。

Page Top