前へ
次へ

親子で行うアレルギー負荷試験

新生児、乳児消化管アレルギーの子の場合、IgE検査で異常がないのになぜかしら母乳を飲んだらアレルギー症状を起こす、こうしたケースがあるようです。
診断結果を真に受けるなとは言いませんが、人体は複雑きわまりないものであることは知っておきましょう。
今、アトピー性皮膚炎の症状の乳児が増加傾向にあるようで、遺伝的に皮膚のバリア機能の弱性が上げられます。
スキンケアや軟膏療法、清潔な環境整備に努めることで、ある程度、症状が改善する乳幼児が多いようです。
しかし、変わらない場合、食物アレルギーを疑うようです。
負担がない皮膚テストで食物の感作状態を調査します。
そこで陽性ならば、数週間から数ヶ月、完全除去します。
もちろん、乳幼児ならば、母親に対してもアレルギー症状が出る食品は完全除去してもらうことになります。
摂取した食品や皮膚の経過などはメモ書きしておき、その間、湿疹の症状が改善してきます。
次に、乳幼児や母親に原因食品を食べてもらい、三度皮膚の状態を観察します。
これが負荷試験の内容です。

Page Top