前へ
次へ

じんましんや湿疹などが起きる食物アレルギー

食べ物の種類によってアレルギー反応を起こす場合があります。
じんましんや湿疹ができたり、目が充血したり鼻水が出る、下痢がとまらないなど様々な症状が出ます。
また同時に全身に複数の症状が出ることをアナフィラキシーと呼ばれ、生命に危険が及ぶことがあります。
その場合はすぐに治療を受ける必要があります。
食物アレルギーを起こす食べ物として多いのは、卵、牛乳、小麦があります。
またエビやカニや蕎麦やイカなどもなりやすいです。
そしてアレルギー反応が起きた場合は病院で診察を受けて、医師にどのような食べ物を食べて起きたか説明することです。
すると医師は検査を行って原因を突き止めてくれます。
そして検査や受けても原因がわからない時は、食物経口負荷試験を行ってさらに詳しく調べてくれます。
そして食物アレルギーのある方の治療薬としては、抗ヒスタミン薬やステロイド薬やエピペン®などがあります。
アナフィラキシーが起きる可能性がある患者さんは、医師と相談のうえでエピペン®を携帯しておくことです。

Page Top