前へ
次へ

アレルギー症状と食事の調節

アレルギーがもたらされる食物が特定することができましたら、症状をおこさせないために、口にしないことが大事となります。
しかしながら、除去食物でも、口にして症状が現れない量までは食することができます。
お医者さんのもとで取り組む食物経口負荷試験などの結果から、口にできる量の指示をしてもらい、必要最小限の除去にとどめることが大事になります。
症状には個人差が見受けられます。
ひとつの例として鶏卵アレルギーであっても、微量でも症状が現れる人では通常の場合鶏卵を100%除去するしかありません。
一方、鶏卵を少量なら症状がでない人では、一部で除去します。
以上のように、おのおの食べることができる量は異なることから、お医者さんの指導の元で食物経口負荷試験などを実施し、症状なく食べることができる量をチェックしたうえで口に運んでいくことになります。
こうした考え方のもとで適切な食生活を行っていくことが重要になります。

Page Top