前へ
次へ

単なる日焼けではなくアレルギーの可能性もある

美容の面で多くの女性たちを悩ませているのが紫外線です。
紫外線が強くなる季節には、どうしても身構えてしまう人は多いでしょう。
たとえば、夏にアウトドアなどを楽しんでいるとほぼ確実に日焼けをしてしまいます。
肌をほどよく小麦色にしたいというのであれば何も問題はないのですが、どうしても日焼けが気になってしまうという人は何らかの対策をしているはずです。
日焼けは軽度の火傷になりますから、できることならば避けた方がいいでしょう。
あと、日焼けを避けた方が良いという理由は、紫外線アレルギーが発症してしまう可能性もあるからです。
その症状は湿疹やかゆみ、腫れなどが出てきたり、重症になると水ぶくれやじんましんになることもあり、吐き気や頭痛、そして発熱といった症状も引き起こすケースもあります。
症状は日焼けと似ていますから気付かない場合も多いのですが、このアレルギーは体内の抗体の異常な反応です。
一度発症してしまうと完治が難しくなりますから、予防が重要になります。
思い当たる節があれば医療機関で医師に見てもらうことが大切です。

Page Top